D-fraction amyloban GRISLIN
SUN MEDICA
D-フラクションのトップページへお問い合わせ取扱店募集会社案内
D-フラクションについて グリスリンについて アミロバンについて よくあるご質問 取扱商品 ご注文フォーム ショッピングについて
  グリスリンについて  
 
日々の積み重ね、加齢、生活習慣によるトラブルに
グリスリンは、マイタケに含まれる活性成分で、インスリン抵抗性を改善する作用があります。
マイタケをエタノールで処理した後、熱水で抽出し、さらに分画・精製して得られる分子量約2万のグリコプロテイン(糖蛋白)。米国Mushroom Wisdom, Inc(旧 マイタケ・プロダクツ社)が分離に成功した特許取得素材です。(日本 No.4233029 米国 No.7214778)
これまで10年以上にわたり、ニューヨーク医科大学、ジョージタウン大学、日本国内の大学やクリニックでさまざまな基礎研究、臨床試験が行われています。
女性の不妊原因の1つとして知られる、多のう胞性卵巣症候群(PCOS)に対する臨床試験成績が学会で報告されています。
原料のマイタケは食用キノコとしての歴史が長く、安全性は周知の通り。契約している農家で露地栽培したマイタケだけを抽出用の原料としています。
また、すべての原料に対して第三者機関による品質検査を行っています。
グリスリンは米国Mushroom Wisdom, Inc(旧 マイタケ・プロダクツ社)が特定した活性成分です。
さまざまな分野での応用が可能な素材
シンドロームX(日本ではメタボリックシンドローム)の提唱者・啓蒙者のひとりとして有名なジョージタウン大学のハリー・プルス教授がグリスリンに注目し、多くの基礎実験を行っています。また、美容皮膚科医ニコラス・ペリコーン博士はアンチエイジング素材として紹介しています。

エイジング(加齢)と活性酸素による障害、インスリン抵抗性は密接に関連していると考えられており、同様にインスリン抵抗性と、不妊症、アルツハイマー、がんなどとの関係が明らかになりつつあります。
インスリン抵抗性の改善はさまざまな分野での応用が期待されています。
特にユニークな応用として、多のう胞性卵巣症候群(PCOS)への応用特許が成立しました。
グリスリン
シンドロームX
 
PAGE TOP
Copyright (C) 2008 Sun Medica Co.,ltd. All rights reserved.
当サイトに掲載されている文章、画像を含む一切の無断転載を禁止します。
当サイトはリンクフリーではありません。リンクされる場合はこちらまでお知らせください。
info@d-fraction.co.jp